賢く使おう!毛穴も喜ぶビタミンC誘導体の秘密

ビタミンCは抗酸化作用も強く美肌にとって魅力的な存在ですが、とても壊れやすく化粧品に配合しても効果が得られにくいといった欠点を持っています。

そんなデリケートなビタミンCの効果を壊さないよう安定化させたものが今回ご紹介するビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体は私たちの肌にどのような効果をもたらすのでしょうか?

肌の悩みの上位を占める毛穴トラブルとの関係についてもみていきましょう!

ビタミンC誘導体とは

ビタミンCは私たちの肌を衰えさせる活性酸素の除去や色素沈着を防ぐ効果があります。しかしとても安定性が低く空気に触れるとすぐに酸化してしまいます。

さらに水に溶かしても活性を止めてしまうので化粧水への配合も断念せざるをえませんでした。また元々肌に吸収されにくい性質も持ち合わせているため、どういう形で肌に届けるかが焦点となっていました。

しかしビタミンC誘導体をつくりだすことによりその問題をかいしょうするに至ったのです。

安定性を得たビタミンC誘導体は肌への浸透性がよく、長時間活性することができます。美意識の高い人たちの間では特に必需品となりつつあるビタミンC誘導体。

その効果は5つ

1、 抗酸化作用で肌老化を防ぐ
2、 メラニンの生成を抑え白い肌をつくる
3、 ターンオーバー促進で肌の若返りを実現
4、 皮脂分泌をおさえニキビ肌にも効果的
5、 コラーゲンを生成しシワやたるみを防ぐ

ビタミンC誘導体の種類と特徴

ビタミンC誘導体には水溶性、脂溶性、両用性の3つのタイプがあります。

それぞれの特徴とは?

・水溶性ビタミンC誘導体

リン酸と結合され吸収率UP、最も皮膚に吸収されやすいタイプの誘導体です。リン酸型ビタミンC、リン酸アスコルビル、L-アスコルビン酸-2グルコシド、ビタミンCエチルという表記で使われています。

・脂溶性ビタミンC誘導体

ビタミンCは本来水溶性ですが、脂溶性にすることで乳化させやすくクリームに配合されていることも多い誘導体。水溶性に比べて速攻性はありませんが皮脂となじみやすいので肌の奥まで届き肌への刺激が少ないのが特徴です。

保湿力も兼ね備えているので乾燥肌の人には嬉しいアイテムです。テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)やステアリン酸アスコビルなどの表記で使われています。

・両用性ビタミンC誘導体

その名の通り水溶性、脂溶性の両方の特性を兼ね備え肌への浸透性もより期待できます。アスコルビン酸-2リン酸-6バルミチン酸(APPS)という表記で使われています。

毛穴トラブルへの効果

毛穴のトラブルといってもそのタイプは様々。ビタミンC誘導体はそれぞれのタイプにどのような効果を与えるのでしょうか?

・開き毛穴

皮脂は肌の潤いを守るために欠かせない存在です。しかし皮脂の分泌が過剰すぎると毛穴をどんどん押し開いてしまいます。ビタミンC誘導体には皮脂分泌を抑える働きがあり毛穴の開きを修復してくれます。

・たるみ毛穴

たるみ毛穴の原因は加齢による肌の衰えです。歳を重ねるとともにコラーゲンが減少し、肌の張りが失われます。弾力を失った肌は重力に逆らえず毛穴と共に垂れてしまうのです。

しかしビタミンC誘導体が肌に浸透することでコラーゲンが復活し毛穴のハリを取り戻してくれます。

ビタミンC誘導体を使用する上での注意点

ビタミンC誘導体は万能と思われがちですが注意したい点もあります。まずビタミンC誘導体は先ほども述べたとおり皮脂の分泌を抑える作用があります。特に化粧水などに使用されているものは保湿力も弱くすぐに蒸発するというデメリットも持ち合わせているのです。

乾燥肌や敏感肌タイプの人は乾燥を誘発する危険性があるのでくれぐれも気をつけましょう。その場合、脂溶性のビタミンC誘導体をおすすめします。また、混合肌の人の場合は皮脂が分泌されやすいTゾーンやあごに水溶性、乾燥しやすい頬の辺りに脂溶性と使い分けるのもいいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

美肌の特効薬といわれるビタミンCですが、そのままだと不安定で効果を発揮することができません。ビタミンC誘導体はその弱点をみごとに克服し私たちの肌をトラブルから救ってくれます。

ビタミンC誘導体には3つのタイプが存在するのでそれぞれの特徴に合わせた使い方をするのが大切です。賢く使って毛穴の目立たない美しい肌を目指しましょう!

関連記事

関連記事がありません。